【初心者向け】ECサイト改善施策8選!

今回は、ECサイトの具体的な改善施策8選を紹介します。
施策の中でも、UIに焦点を置いた基礎的な施策を紹介するので、是非参考にしてみてください!

入力フォームに関する施策

購入の直前のプロセスである入力フォームの改善は非常に重要です。
ユーザーが負担と感じないような設計をすることで、フォーム到達者の離脱率を改善しましょう。

1. フォームへの記入量は最小限にすべし!

会員登録などで必要以上の情報入力を求めることはユーザーにとって大きな負担となります。
必要最低限の情報量でも登録を完了できるようにしましょう。

2. 購入プロセスを図解化すべし!

入力量はもちろん、フォームの遷移数も少ないほどコンバージョンに至る可能性が高いです。
しかし、すべてのフォームを一つの画面に収めるのも得策ではないので、
購入完了までのプロセスを図示することで、プロセス全体を見せるようにしましょう。
以下は楽天市場の場合です。このようにすれば、フォーム通過にかかる手間・時間を想像できますね。

3.会員登録は購入直前にすべし!

ECサイト利用者は、商品をカートに入れて、カートから決済画面に進みます。
しかし、非会員の場合は会員登録が必要になります。
会員登録は、カートを確認する前ではなく、決済の直前にして、
自然なユーザーフローを整えましょう。

トップページに関する施策

4.トップページは簡潔にしてユーザーの回遊性を上げるべし!


トップページが煩雑だと、訪問したユーザーはどのように意中の商品を探せばいいのか分かりません。

「ナビゲーション」をファーストビューに配置
「サイト内検索」を設置
「セール情報」は一つにまとめる

以上のことができていれば使いやすいサイトになるでしょう。
以下はAmazonのトップページですが、上記のポイントを満たしています。

購入画面に関する施策

5. 「購入」ボタン「カートに入れる」ボタンは上下に2カ所つくるべし!

ボタンの配置方法や見栄えは、コンバージョン率に大きな影響を及ぼします。
以下は楽天市場の商品詳細ページですが、
ユーザーの目にまず入るファーストビューと、スクロールしきったページ最下部の2カ所に
ボタンがあるとよいでしょう。

6. 「送料」は「商品ページ」と「カート」に明記すべし!

ECサイトユーザーの想定する懸念点として大きいものの一つに
「送料はどの程度かかるのか」という点があります。
最後まで送料を隠し、購入直前の画面になって突然表示されると少し胡散臭さを感じてしまうものです。
送料がかからないならもちろん強みになるので「商品ページ」記載すべきですし、
かかる場合でも、「商品詳細ページ」と「カート」画面で早い段階から明示しておきましょう。

スマホ対応表示に関する施策

スマートフォンの普及により、ECサイトにもスマホの特徴に合わせた画面設計が求められます。
レスポンシブ非対応のサイトは検索順位を下げるという、2016年8月のGoogleの発表も記憶に新しく、
スマホ表示にも十分に注力するようにしましょう。

7. ボタンに「押せそう」な感覚を持たせるべし!

スマートフォンの大きな特徴がタップによる選択です。
しかし、PCでカーソルを合わせるのとは異なり、パッと見で押せるような感覚をもてるかが重要です。
スマートフォンでサイトを表示してみて、直感的に指が動くボタンか、確認してみましょう。

8. 縦スクロールを恐れるな!

PC画面とスマホ画面の決定的な差はその縦横比です。
PCサイトの場合は、なるべくだらだらとスクロールを強いらせないことが好まれる時代もありましたが、
特にスマホ表示の場合は縦スクロールが容易なこともあります。
なるべく縦型の画面設計にし、横方向に情報を詰め込んで小さく表示されないように気を付けましょう。

まとめ~ユーザーファーストを常に考えよう

以上、UIの面で改善できる施策を8つ紹介しましたが、すべての施策に共通するのは、
「ユーザーファースト」、つまりユーザーが求めるサービスであるか、です。
今回紹介した施策だけにとどまらず、
またサービス自体についてもユーザー目線を大切にしましょう。
競合サイトにはできないサービスを提供できているか、
ユーザーの信頼に足るサービスが提供できているか、
ユーザーファーストを合言葉にサイト・サービスの改善に取り組みましょう。

ECサイト版アクセス解析のすすめ【Googleアナリティクス】

ECサイトを運営する人であれば、誰もが売り上げの拡大を願います。
現実のお店であれば、自分の目で客層や行動パターンを見ることができ、売り上げ増のために知恵を働かせることができます。
しかし、ECサイト、つまりインターネット上のお店では、お客様の顔はもちろん、どの商品を買おうとしているのかも、何もわかりません。
この問題に応えてくれるのが、「アクセス解析」です!

アクセス解析でできること

アクセス解析とは、サイトに訪問してきた記録(アクセスログ)を解析することで、
訪問一つ一つのユーザーの属性や、サイト内での行動など様々なことを把握することができます。

大量に蓄積されたアクセス解析データを様々な手法を用いて分析することによって、
ユーザーの傾向を把握し、サイト改善につなげることができます。

オススメはGoogleアナリティクス

世間には数多くのアクセス解析ツールがありますが、一番のオススメは「Googleアナリティクス」です。

ご存じGoogle社が運営するツールで、基本的には全機能が無料で利用できます。
無料ツールとはいえ、その分析精度の高さ・計測可能な指標の量はトップクラスです。
分析を行うには十分な機能性をもっています。
アクセス解析ツールは導入した直後から計測が始まるため、まだツールを設置していない人はなるべく早く導入しましょう!

成果を測る指標はこれだ~「コンバージョン」

アクセス解析データのうち、サイトの成果改善を図るうえで重要な指標が「コンバージョン(CV)」です。
「コンバージョン」とは、Webサイトのゴールに当たるものでECサイトであれば「購入」などが当たります。
「コンバージョン」が計測できれば、あとはその数を増やすための施策を打つだけなので、
KPIの設定や効果検証がしやすくなります。

「コンバージョン」は、Googleアナリティクス上で個別に設定しておく必要があるので、まだ未設定の場合はなるべ早く設定する用にしましょう。
なぜなら、「コンバージョン」も、設定した後からしか計測することができないからです。

サイト改善にはPDCAサイクルを回すことが重要!

「Googleアナリティクス」を導入し、「コンバージョン」が設定でき、データがたまったら、
いよいよサイト改善に取り組む下地が完成しました!
アクセス解析データを基にしたサイト改善では、PDCAサイクルを計画的に回すことが重要になります。
ビッグデータの分析をもとに改善案の仮説を立案し(Plan)、
仮説をもとにA/Bテストを行うなど、サイト改修を実行(Do)、
どのような施策が効果的だったを、再び改修後のアクセス解析データをもとに分析し(Check)、
サイト改善につなげていく(Act)
アクセス解析データがたまるには時間がかかるため、
このようなサイクルを、数か月単位・一年単位で計画的に行うことで、
成果のでるサイト改善につなげていきましょう。

Googleアナリティクスの分析手法の紹介はこちら