【アクセス解析で攻める!】ECサイトのサイト改善手法


サイト改善するなら、Googleアナリティクス

ECサイトの運営者のみなさん、こんにちは。
このサイトでは、成果につながるサイト改善の方法を紹介していきます。
その際に重要になるのが、「アクセス解析」です。
「アクセス解析」とは、サイトに訪問したユーザーの属性や行動を追跡することです。
大量に蓄積されたアクセス解析データを分析することにより、サイト改善の施策を定めることができます。
今回は代表的なアクセス解析ツールである「Googleアナリティクス」を用いて、サイト改善の着眼点について説明していきます。

Googleアナリティクスで見るべき指標

Googleアナリティクスは非常に高機能なため、
特に初心者の方の場合は、その圧倒的な指標の多さの前に、ただ漫然と数字を眺めることしかできません。
しかしそれでは、分析には至らず、効果的なサイト改善案を立案することはできません。
そこで重要な指標を紹介します。

CV(コンバージョン)を設定しよう

みなさんは、CV(コンバージョン)という言葉をご存知でしょうか。
CVとは、Webサイトのゴールに当たるもので、「目標」とも言われます。
ECサイトの場合は「購入」などが代表的なCVになります。
CVが計測できれば、あとはその数を増やすための施策を打つだけなので、
KPIの設定や効果検証がしやすくなります。

CVはGoogleアナリティクスの「目標設定」で設定できるので、設定しておくようにしましょう。

ページはCVR(コンバージョンレート)で比較しよう

CVが設定されていることを前提にすると、分析において重要な指標となるのは「CVR」です。
CVRとはコンバージョンレート、すなわちCVする確率です。
特定のページ(あるいはページ群)についてのCVRの計算式は、

CVR=[CVに到達したセッション数]÷[訪問数(そのページを経由したセッション数の合計)

になります。

各ページのCVRを算出したのちは、
サイト全体の訪問数(セッション数)に占める訪問の割合や、平均のCVR値と比較することで、
どのページに課題があるか・どのように改善すればよいか
が分かります。

たとえば、
「訪問数は多いのにCVRが平均より低いページ」
であれば、
「そのページの中身を改善してサービスの訴求力を強める」
必要があります。
また
「訪問数は少なめだが、CVRは平均よりも高いページ」
であれば、
「そのページへの誘導を強化するべき」
と考えられます。

課題が確定したら、施策に取り組んでみましょう。
改善前後で、どの程度CVに変化があったか効果検証を重ねることで、より良いサイト設計が可能になります!

分析は非常に工数がかかる⇒おすすめ自動化ツール!

Googleアナリティクスを用いた分析の1方法について簡潔に紹介しましたが、
これはまだまだ一部に過ぎません。
例えば、
「PC」・「スマートフォン」のどちらでサイトを閲覧しているのか、
また、
「検索エンジンから流入」してきたのか「広告を踏んで流入」してきたのか、
「最初にどのページを見たか」
などの違いによってユーザーの傾向は大きく異なるはずです。
なので、分析対象を「デバイスごと」・「流入元ごと」・「入口ページごと」などに細分化するほど、分析は正確になります。
しかし、ひたすらこのような分析をしていたら日が暮れてしまいます。
そこで、今回は分析を自動化してくれるツールを紹介します。

アクセス解析の『AIアナリスト』

aia

AIアナリストは、上で説明したような細かい分析をすべて人工知能によって瞬時に行うことのできるツールです。
Googleアナリティクスのデータを参照して分析するのみならず、
サイトの課題までを自動的に配信してくれます。
そのため、面倒な分析作業は全く不要で、提案された課題をもとに、改善施策にすぐに取り掛かることができます。
しかも提案機能までついて無料で利用することができます。
登録作業もタグ埋め不要で、数分で完了するものなので、試しに登録してみることをオススメします。